「日本人が知らない集団的自衛権」小川和久 2016/3/21日替わりセール

2016年3月21日のkindle日替わり限定セールは、小川和久の「日本人が知らない集団的自衛権」です。
安保法案に関するデモのニュースを見ても、どこか他人ごとに感じている人が多い日本。
メディアで流れていく事をうのみにせずに、自分の考えを持つためには、自ら選んだ書籍を読むことは大事ですね。

日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書)

小川和久 (著)

¥399OFF:¥411(51%)

レビュー23件
紙の本の長さ:222ページ
出版社: 文藝春秋

中国は日本の領海でやりたい放題密漁し、虎視眈々と日本の領土を狙っている。
いまこそ日本の防衛力強化が必要なのに、安倍政権の説明を聞いても新聞やテレビをみても、「集団的自衛権」っていったい何なのか、さっぱりわからない。
集団的自衛権は本当に必要なの? 日本は戦争に巻き込まれやすくなってしまうの?……安全保障のエキスパートである小川和久氏が、集団的自衛権の「そもそも論」を平易に解説します。
本書の最大の特徴は、Q&A方式で読者目線の素朴な疑問に答えていること。
たとえば……
Q1 なぜいま集団的自衛権が必要なんですか?
Q2 自衛隊が勝手に戦争を始めたりしませんか?
Q3 日米同盟をやめたら日本はどうなるんですか?
……こうした疑問への平易な回答を読んでいるうちに、誰でも安全保障の知識が身につくようにできています。
まさに本書だけで集団的自衛権も外交・安保も憲法もぜんぶわかる。
学習意欲に燃える高校生からビジネスマン、そして政治家も必携の作品です。


※kindle日替わりセールは、毎日、午前0:00から午後11:59までの24時間限りの日替わりセール情報です。
※価格等は記事作成時の情報です。ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

こちらの記事も合わせてどうぞ

    None Found