【50%OFF】新社会人応援キャンペーン!メール術、敬語、仕事のコツなど

kindleストアで、新社会人応援キャンペーンの電子書籍セールが行われています。期間は2016年2月25日までの予定です。

ビジネスマンの勉強法や基礎力アップといった、ノウハウ的なものから、稼げるための習慣、思想的なものまで38冊が対象となっています。

【50%OFF】新社会人応援キャンペーンの中から、おすすめをピックアップします。

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

藤田英時(著)

¥351OFF:¥1,053(75%)

いつも使うけど、きちんと教わることのなかった「恥ずかしくないメールの書き方、送り方」。「メールは1往復半で終える」「用件が2つあるなら件名も2つ」など仕事のできる人がやっている、短く、わかりやすく、見やすいメールが書ける77のルールを「良い文例・悪い文例」を対比する構成で紹介。巻末の「よく使うメールのひな型集」「よく使うメールのフレーズ集」を含め、即効性満点の1冊です。

藤田英時(ふじた えいじ)
コンピューター、インターネット、英語の分野を得意とするジャーナリスト、ライター。電子メール歴は1980年代後半のパソコン通信サービスから数えて25年超。米国ベイラー大学でコミュニケーションを専攻後、西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業。PR専門会社、パソコンソフト会社勤務を経て独立。翻訳出版、書籍編集・執筆、マニュアル制作、プログラム開発、技術サポートや大学でウェブサイト・メールを利用した情報処理の指導など幅広く活躍。『はじめよう! インターネットと電子メール』(電波新聞社)、『最新インターネット用語 語源で納得!』(ナツメ社)の他、関連書籍は110冊を超える。

「続ける」習慣

古川武士(著)

¥540OFF:¥864(62%)

「何をやってもなかなか続かない」「色々なことに手を出してはすぐ飽きてしまう」早起き、資格の勉強、片づけ、禁煙、ダイエットなどを始めても長続きしない、という人は多いのではないでしょうか。
しかし、こうした「よい習慣」を長続きさせることができれば、人生は確実に変わります。しかも30日で1つ、1年で最大12のよい習慣ができれば、あなたの人生は今よりもずっとうまく回転します!
本書で紹介する「習慣化メソッド」は、優秀な経営者やビジネスマンが自然にやっている「続けるコツ」を体系化した、オリジナルの手法です。NLP(神経言語プログラミング)とコーチングをベースにしているので、誰でも無理なく習慣化できます。
まず、1つの習慣を身につけるまでの期間を3ステップに分け、段階ごとの適切な対策を説明。また、挫折しそうなときにやる気をアップする、12の「継続スイッチ」についても解説します。
強い意志や根性がなくても、どんなことでも確実に続く方法を大公開!

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

河野英太郎(著)

¥604OFF:¥908(60%)

「まじめ」と「みじめ」は紙一重!?
はきちがえた「まじめ」さは、「みじめ」な結果を招きます。仕事を効率的に進め、着実に目標を達成するための今すぐできる仕事のヒント、教えます。
まじめにやっているのになぜか報われない……
そんな人は、その「やり方」を見直す必要があるかもしれません。
まじめさとパフォーマンスは決して正比例ではありません。
悪い意味で「まじめ」すぎると、パフォーマンスは逆に下がるのです。
デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っています。
そこにはちょっとしたコツがあります。
このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。
実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを、本書では紹介していきます。
読後すぐ実行いただければ、突然、そして飛躍的に仕事がうまくいくことに、あなた自身、驚くでしょう。

僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。

午堂登紀雄(著)

¥540OFF:¥864(62%)

億の資産を「稼ぐ人」になるには???
33歳のときに資産3億円、現在総資産5億円になる著者。
日本のほかにマレーシアに2件、アメリカにも自宅をもつ、
誰もが憧れる億万長者。
しかし、元はニートで、
はじめて就職した会社ではダメ社員のレッテルを張られ、追い出される形に。
そんな著者が成功するためにやってきた仕事のコツを伝える本。
残業は「悪」ではない。時間をお金で買うという発想。全ての議題にNOと言ってみる。仕事はキリの悪いところで帰ろう。健康に投資するetc.
ニート・ダメ社員から圧倒的な差をつけ突き抜けた思考と行動のルール


※価格等は記事作成時の情報です。ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

こちらの記事も合わせてどうぞ