見逃せない高額書編【50%OFF】翔泳社全点セール(800タイトル以上)

kindleストアで、【50%OFF】翔泳社全点セール(800タイトル以上)が行われています。期間は2016年2月25日までの予定です。

普段はなかなか手が出せないコンピュータや技術系の高額本が、お得な価格で手に入ります。
学術的な本は教科書として持っておきたいもの。気になっていた1冊を確保するチャンスですね。

それでは、【50%OFF】翔泳社全点セール(800タイトル以上)の高額書の中から、おすすめをピックアップします。

プログラマのためのSQL 第4版 すべてを知り尽くしたいあなたに

Joe Celko (著), ミック (翻訳, 監修)

¥2484OFF:¥2484(50%)

日米のDBの達人、夢の共演
SQLの第一人者であるジョー・セルコの名著『Joe Celkos SQL for Smarties, Fourth Edition: Advanced SQL Programming』の日本語版です。本書は、SQLの実務経験があるエンジニアを対象として、SQLプログラミングの基礎的な考え方から、テーブル操作、グループ化、集計関数、クエリの最適化など、SQL全般について詳しく解説した「SQLプログラミングバイブル」です。基本から高度なテクニックまで、網羅的にSQLプログラミングの知識を習得できます。翻訳・監修は『達人に学ぶSQL徹底指南書』でおなじみのミック氏が担当。SQLエンジニア必携の一冊です。

詳解UNIXプログラミング 第3版

W. Richard Stevens (著), Stephen A. Rago (著), 大木 敦雄 (監修)

¥4428OFF:¥4428(50%)

UNIXと真剣に関わる人のための重厚な1冊!
UNIXシステムの標準Cライブラリが提供するシステムコールをはじめ、膨大な関数について詳細に解説し、「UNIXでプログラミングを行う者すべてが読むべき1冊。読んでないヤツはモグリだ」とまで言わしめたUNIXプログラマ必読の書籍。もちろん非プログラマにとっても、UNIXという環境や仕組みを、その“考え方”のレベルから説き起こし豊富な演習問題で理解させてくれる、名実ともに剛毅な大著です。
これまで日本語で読めたのは1992年に刊行された原書初版でしたが、本書は最新版(第3版)を翻訳したものです。訳者はその初版から携わっていた大木敦雄先生。
【注意:本書第1刷は原書のエラータサイトのうち、第7項までを取り込んでいます。】

Windows 10完全制覇パーフェクト

橋本和則 (著), さくしまたかえ (著)

¥1501OFF:¥1501(50%)

本書は、2015年夏にリリースされるWindowsの新OS「Windows 10」の操作解説書です。Windows 10の新機能はもちろん、ストアやユニバーサルWindowsアプリの活用法、周辺機器との接続、定番の使いこなし術まで、Windows 10の「全て」を徹底解説しました。また、タブレットモードで必要となるタッチ操作についても詳細に解説しており、PCユーザーだけでなく、Surfaceなどのタブレットユーザーでも問題なくお読みいただけます。

本書の執筆者2名は、両者ともにマイクロソフトMVP。解説の信頼度も抜群です! Windows 10を利用する全てのユーザーに、ぜひ手に取ってほしい1冊です。
【Home/Pro/Enterprise/Education対応、32bit/64bit対応】

Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

スコット・ゲージェン (著), デイビッド・ノックス (著), ウィリアム・マルーリス (著), 森谷真樹 (翻訳), 小野真樹子 (翻訳), 大竹ブライアン (翻訳), 小西亮輔 (翻訳), 福島寛貴 (翻訳), 鳥山康太郎 (翻訳), 天川卓也 (翻訳), 重川隼飛 (翻訳), 藤波しのぶ (翻訳), 土門大貴 (翻訳), 河崎耕一郎 (翻訳), 雲崎翔太郎 (翻訳), 松本功 (翻訳), 小田圭二 (監修)

¥2808OFF:¥2808(50%)

データベースセキュリティ対策の原則とベストプラクティスがここにある!
米Oracleのセキュリティ専門家が執筆した、RDBMSセキュリティの解説書『Oracle Database 12c Security』の日本語版です。本書では、Oracleデータベースを中心とした、RDBMSの包括的なセキュリティ対策について詳しく解説しています。


※価格等は記事作成時の情報です。ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

こちらの記事も合わせてどうぞ